ダイエット 短期間 食事制限

食事を正しくコントロールする

 

短期間ダイエットと聞いてまず第一に思いつくもの・・・それは食事制限ではありませんか?
確かに、食事制限はどのようなダイエットにとっても重要な要素の一つです。

 

ただし、勘違いしてはいけないポイントが一つあります。
ダイエットと言うと、動物性の脂肪分を極力控えて野菜ばかりを食べるイメージが強いですが、実はそれは正しくありません。

 

もし、そういった極端な食事を続けていると、動物性のたんぱく質をはじめ肉類に含まれている栄養分が不足してしまい、筋肉が落ちたり集中力を欠いたり、最悪の場合健康を害してしまうこともあります。

 

筋肉量が減ってしまうと、脂肪の燃焼効率が下がるため、かえって痩せにくい身体になってしまいますから、ダイエット中の食事は、必要以上に糖質を摂取しないようにしながら、その一方で肉・魚・野菜などをバランスよく食べることが大切です。

 

特に、短期間ダイエットで強いストレスを感じてしまえば、ダイエットそのものを継続する意欲が削がれてしまい失敗につながりかねませんので、食事制限のプランは慎重に立てたいところです。
期間は2週間から1ヶ月程度に設定して、体調を管理しながら行いましょう。

 

大切なことは、無理のない程度に制限すること。
そうすれば必然的に、健康的にダイエットを実行できるはずです。

 

具体的には、いま現在、自分の食生活に問題があると自覚している場合には、そこを重点的に見直してしてください。
例えば、日頃外食などで油っぽい食事が多い、あるいは過食傾向がある、その他にも甘いものをよく食べる、とかお酒が大好きなどという場合には、まずは自らが感じている問題点を改善しましょう。

 

ただし、好物を一切禁止にしてしまうとストレスが大きくなるので、まずは半分に減らす努力をしましょう。
毎日食べているなら2日に1回、週に2、3回食べているならなら週1回といった具合に、飲食の回数を減らしてみるのです。

 

それに加えて、食事をする時間帯食事の間隔も見直さなければなりません。
深夜の時間帯に飲食するのを止める、食と食の間隔を詰めて極端な空腹状態を避けドカ食いを防ぐ、などの工夫が必要です。

 

ぜんぜん食べないのはダメ

また、多くの人が勘違いしやすい点ですが、、ダイエット中だから食事を抜く、というのは大きな間違い!
身体を飢餓状態にしてしまうと、次に食べる量が増えたり吸収率が高まるため、痩せにくくなってしまいます。

 

短期間ダイエットではむしろ、食事の回数を増やしてもよいくらいです。
一食の分量を減らして、1日5、6食食べるのが理想的。
そうやって、食と食の間隔はあけ過ぎないようにして空腹感を抑え、トータルの摂取量を減らしていきます。
もちろん、各食とも内容に注意して深夜の時間帯には飲食しない、ということは言うまでもありません。

 

もし自分の食生活には特に改善する余地が無い、というなら、デドックスを意識して体内に蓄積された毒素を排出するつもりで取り組んでみてください。
例えば、便秘がちな人は便通によいとされる食材を積極的に摂るようにしてみましょう。
また、毎日便通がある人でも、宿便が溜まっていることがありますので、腸内清掃を意識した食事を心がけてみてください。

 

葉物野菜や海草などは、低糖質でありながら食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境を整えるには、とても有効です。
その上、お腹の中で膨らむので満腹感を感じることができるため、過食も防ぐことができます。

 

それからもう一つ、ダイエット中に忘れてはいけないことがあります。
それは水分摂取
身体の新陳代謝やデトックスには水分は欠かせませんし、空腹を感じたときにはミネラルウォーターなどをたっぷりと飲む事により、満腹感を得ることもできます。

 

全身の代謝が活発になれば、ダイエットの効率も高まるだけでなく、美容・健康にもよいことうけあいです。

 

 

モデルや芸能人の間で愛好者急増中!

ミネラル酵素グリーンスムージー

↓↓詳細はこちら↓↓