ダイエット 短期間 運動

短期間ダイエットには運動も大切

 

楽しくランニングする女性

短期間ダイエットには食事制限が最も重要です。
が、効率的に成果をだすためにはやはり、並行して運動することはとても有効である、ということに疑う余地はありません。

 

ダイエットを助長する運動には色々な方法がありますが、最も効果が高いのは有酸素運動だということはよく知られているところでしょう。
例えば、ジョギングやウォーキング、自転車、あるいはステッパーを用いた屋内での足踏み運動など、有酸素運動にはさまざまなエクササイズがありますが、いずれの運動も体内へ酸素を多く取り込む事によって脂肪の燃焼を促進することができるため、ダイエット効果が高まるといわれているのです。

 

ダイエットのために有酸素運動を行うときによく話題になるのが、継続時間に関することです。
従来、ダイエットのために有酸素運動に取り組む場合は、20分以上継続しないと効果がない、といわれてきましたが、これは血液中のブドウ糖が消費されるのに約20分かかり、それ以降に脂肪酸の燃焼が始まることからはじき出された時間でした。

 

ところが最近では、20分以上経過しないと脂肪燃焼が始まらないのではなく、長く続ければ効率がよくなるだけで、5分でも10分でも運動すればそれなりに燃焼効果がある、ということがわかってきました。

 

実は、ダイエットのためには、運動の継続時間よりもむしろ、いつ運動するか、ということが大切です。
ダイエットの有酸素運動は空腹時に行なわなければ効果がありません。

 

これは、空腹時というのは血液中に常に脂肪が溶け出している状態なので、有酸素運動を開始した当初から脂肪の燃焼が始まる、という理由からなんです。

 

因みにジョギングは短期間ダイエットの定番ですが、走る事は苦手という人は少なくないでしょう。
また、慣れない人が急にランニングをすることによって、足首や膝などを痛めてしまう心配もあります。

 

エアロビクスを楽しむ女性

そういった時には、ウォーキングやスロージョギングがおすすめです。
スロージョギングというのは歩く程度のスピードで走る、という走り方です。
それでも連続して走るのは苦しい、という場合には、途中で歩いても構いません。
これなら通常のジョギングよりも体力的に負担が小さいので、走るのが苦手な人でも継続できて、高い効果を期待できます。

 

また、走行・歩行系以外の短期間ダイエットエクササイズとしてダンスもおすすめです。
ダンスはれっきとした有酸素運動で、全身を動かすという点ではジョギングやウォーキング、自転車などよりも偏りなく、身体の隅々まで動かすことができます。

 

有名人のダンスレッスンDVDを用いれば、ダンススタジオなどに通わなくても、自宅で楽しみながら痩せる事ができますから、人目を気にすることなく短期間ダイエットに打ち込むことができるでしょう。

 


→女性専用のヒップホップダンスで楽しくエクササイズ!「マネして痩せるリズムダイエット」をご紹介しています。

 

どうしてもハードなエクササイズは無理、というならヨガに取り組んでみてはいかがでしょう。
ホットヨガスタジオに通うのもよし、自宅でパワーヨガを実践するのもよし、ヨガなら体力的に自信が無いという人でも無理なく行うことができると思います。
さらに、ヨガにはリラックス効果もありますから、日常生活のストレスはもちろんダイエット中のイライラも解消できるでしょう。

 

→こちらのページでパワーヨガについて詳しくお伝えしています。

 

ホットヨガスタジオLAVA

↓↓詳細はこちら↓↓