ダイエット 糖質制限

糖質をコントロール

 

ダイエットに取り組もうと考えているとき、食事制限をしよう、と覚悟を決めた人は少なくないでしょう。
そんなとき、「ダイエット食品はコストがかかり過ぎるから、もう少し手軽に取り入れられる食事制限をしたい」と考えている人もいるのでは?

 

ダイエットは何よりも継続することが重要。
そうなると、なるべく費用がかからないダイエット方法に取り組むことは、懸命な選択かもしれません。

 

白米NG

費用があまりかからない食事制限ダイエットに、糖質制限ダイエットと呼ばれる方法があります。
これは、糖質制限・・・つまり、炭水化物を初めとする糖質という栄養素を含む食品を減らす、あるいは食べないことで、身体が活動するときに必要なエネルギーとして、余分な体脂肪を燃やし消費する、という原理に基づく方法です。

 

糖質制限というと、「とにかく、炭水化物を取らなければ良いのだろう」と思っている人も多いと思いますが、炭水化物のほか豆類や根菜類も糖質を多く含むため制限対象としなくてはいけんません。

 

ただし、糖質制限すると言っても食べなければよい、という単純なことではありません。
そもそも、糖質制限ダイエットは毎日の食事で炭水化物の摂取量が多すぎる人向けのダイエット方法です。

 

本来、私たちの食生活において、炭水化物は必要不可欠なもの。

 

通常、人の身体は、炭水化物を摂取することで活動エネルギーを作り出しています。
そのため、炭水化物を全て抜いてしまうことで、健康を損ねてしまう可能性だってあるのです。
体重を落とすことが出来ても、体を壊してしまっては意味がありませんよね?

 

なので、糖質制限を行う場合には、炭水化物を初めとする糖質を含むすべての食品を抜くということではなく、食べる量を調整するのがよいでしょう。
主食としているご飯やパン、麺類などの量を調整し、ダイエットを行っていきましょう。

 

3食抜くのはムリ?ならば1食OK!

糖質制限ダイエットは原則、ご飯やパン、麺類などを制限しますが、どうしても3食抜くのはつらい、という場合には、1日に1回だけ制限解除してみてください。

 

お肉OK

 

例えば、1日3食ご飯が欠かせないという人であれば、朝ごはん、昼御飯、夕ご飯のどれか一食のみ、ご飯を食べることができるとするわけです。
もちろん、ご飯を制限するしないに関わらず、毎食とも肉や魚、葉物野菜など低糖質の食材は自由に食べることができます。
ご飯が好きな人には、はじめのうちは「辛い」と感じるかもしれませんが、継続しているうちにご飯がない食事にも慣れてくると思います。

 

特にご飯やパンなどが好きな人にとって、主食を我慢することは難しいと思いますが、1日1食だけでも食べることができれば、がんばって続けていくことができるのではないでしょうか。続けていくことで、少しずつ体重が落ちていくことが実感できれば、ご飯やパンのない食事の辛さよりも痩せる喜びの方が勝ってくるでしょう。

 

また、身体についた脂肪が落ちるのはもちろん、血中の糖度もコントロールすることができますので、健康管理にも役立つ方法です。

 

 

モデルや芸能人の間で愛好者急増中!

ミネラル酵素グリーンスムージー

↓↓詳細はこちら↓↓