ダイエット茶 種類 効果

ダイエット茶の種類はいろいろ、それぞれに特徴あり!

 

手軽にダイエットサポート効果が期待できるものとして、ダイエット茶があります。
ただ、一口にダイエット茶と言っても、実際にはそれぞれの種類ごとに特徴が異なり当然得られる効果も違ってきます。

 

プーアール茶

ダイエット茶として有名なのものの一つに、プーアール茶があります。
プーアール茶には、糖分や脂肪の吸収を抑える重合型カテキンが含まれていると同時に、脂肪を燃焼しやすい形に分解するリパーゼという酵素の分泌を促す作用があるとされています。
そのため、日頃からプーアール茶を引用することで、食事から摂取する糖や脂肪の吸収を防ぎ、体内に蓄積されている脂肪を燃焼しやすい状態に促すことが可能になるのです。

 

また、最近では大手飲料メーカーからも販売されている黒ウーロン茶には、ウーロン茶ポリフェノールが豊富に含まれており、食中に引用することで摂取した脂肪を体外に排出しやすくしてくれる効果があります。
脂肪排出効果は一般のウーロン茶にもありますが、黒ウーロン茶に含まれているポリフェノールは、通常のウーロン茶と比較した場合に脂肪を排出させる作用が大きいと言われています。

 

その他、ちょっと珍しいところでは、キャンドルブッシュという植物を含むお茶には便秘解消効果があります。
キャンドルブッシュはインドネシアやマレーシアなど熱帯地方に自生する植物で世界各地で日常的に薬草として使用されてきました。
食物繊維がとても豊富でビタミンやミネラル、ポリフェノールなども含まれるため、自然なお通じが期待できると言われています。
ただし、下剤成分であるセンノシドが含まれているため、人によっては激しい下痢を起こす可能性があるので、摂取量を調整するなどの注意が必要です。

 

また、最近注目を集めているコタラヒムは、スリランカだけにしか生息していない貴重な植物です。
生産地スリランカではコタラヒムブツ(シンハラ語で「神の恵」)と呼んで、神のハーブとして重鎮されています。

 

コタラヒムには、体内で糖質を分解するa-グルコシダーゼという酵素の役割を阻害させる作用があるため、糖分の吸収を抑制させることができます。
そのため、3000年以上もの昔からインドの伝承医学アーユルヴェーダにおいて、糖尿病治癒などに利用されてきました。

 

コタラヒムを含んだダイエット茶を食事中に飲用することで、糖質の分解作用を抑制させることができるので、糖質コントロールダイエットには最適なお茶といえるでしょう。

 

オオバコは日本全土に分布する雑草ですが、古くから薬草としても知られており、現代ではオオバコ種子・オオバコ種皮に含まれる食物繊維による便秘解消やダイエットなどの様々な効能が期待されている健康食品です。
オオバコ茶を食前に飲むことで、豊富に含まれる食物繊維のおかげで満腹感を得られやすくなり食べすぎを防ぐことができ、食中に飲むことで、脂肪分の排出や便秘の改善などの効果が期待できるます。

 

最後に、日本人に最も馴染みのある緑茶ですが、緑茶に含まれているカテキンには、脂肪の吸収を抑制させる作用があります。
さらに、緑茶にはカフェインが含まれていますので、飲むだけで新陳代謝を高めることができ、それによって脂肪の燃焼を促進させることができます。
市販されている特保の緑茶は、カテキン濃度を高めて脂肪燃焼を促す効果を期待しているのです。

 

以上の他にもダイエットに効果があるとされるお茶は存在しますが、いずれのお茶も万人に効果があるかどうかは不明です。
一人ひとりの体質の差やライフスタイルの違いなどによって、人により得られる結果が異なることもあるでしょう。

 

ただ、どのダイエット茶も継続することでよい結果が出る、ということに違いはありません。
自分の味覚や生活習慣などを踏まえて、無理なく続けられるダイエット茶を見つけることから始めてみてください。

 

ダイエットプーアール茶の特徴と効果

 

前述した通り、プーアール茶がダイエットに効果があるということは広く知られています。が、具体的にどんな特徴があるのか理解している人は少ないのでは?

 

実は、プーアール茶のダイエット効果は2つあると言われています。

 

1つ目は、糖分、脂肪分の吸収をブロックしてくれることです。

 

そして、2つ目は脂肪燃焼を高める働きです。

 

そもそも、脂肪分は分解されることで体内に吸収されます。
逆にいえば、脂肪は分解されなければ非常に吸収されにくいのです。

 

食事などで体内に摂取をされた脂肪は、通常ならば胆汁によって乳化(分解)され吸収されます。
しかし、プーアール茶に含まれている没食子酸重合カテキンという成分は、脂肪が胆汁によって乳化されるのを防ぎ、排出を促してくれるのです。

 

つまり、乳化されない脂肪は分解吸収されにくいため、そのまま体外に排出されてしまうんですね。

 

さらに、プーアル茶には、リパーゼという消化酵素の分泌を高める効果があるとも言われています。
リパーゼには、中性脂肪を燃焼しやすい状態に成形するのを助ける働きがあり、細胞や血液の中にある中性脂肪を溶かして遊離脂肪酸にしてくれるのです。
遊離脂肪酸は、血液によって体内中に運ばれエネルギーとして燃焼されてしまいます。

 

特に、この脂肪燃焼の効果については、プーアール茶が他のお茶の追随を許さないほど大きな特徴だと言えるでしょう。

 

プーアール茶葉

プーアール茶には塾茶と生茶があります。
熟茶と生茶の違いは人工的に発酵させているかのいないかの違いです。

 

ダイエットのためにプーアール茶を飲むのであれば、人工的に発酵させた熟茶を選ぶことが大切です。
熟茶の葉は麹カビ菌によって発酵され、ダイエットに効果がある様々な物質がこの工程で合成されます。
プーアール熟茶は、発酵食品としても優秀で、ダイエット以外にも身体によい色々な栄養素を含んでいるのです。

 

生茶の中にも、何年もの間保存熟成させた陳年物と呼ばれる貴重なものもありますが、日本でお目にかかれることはまずないでしょう。
もちろん、若い生茶であっても、脂肪吸収をブロックする効果は期待できますが、脂肪燃焼効果が低いと言われているので、ダイエット効果を期待するならやはり、熟茶を選ぶのが正解です。

 

もっとも、日本で売られているプーアール茶は、ほとんどが熟茶なので特に選択する必要はないかもしれませんが、低品質のものは埃っぽかったりカビくさかったりしますので、信頼のおける製品を選んでください。

 

とにかくお茶を飲むだけ、それだけで痩せられるのがプーアール茶ダイエットです。
誰でも無理なく続けることができる方法ですから、とにかく始めてみてはいかがですか?!

 

国産茶葉100%安心・安全の

↓↓ダイエットプーアール茶↓↓

バナー