ダイエット 短期間 リバウンド

リバウンドが少ないダイエット方法とは

 

あなたは、短期間でダイエットできてリバウンドがない・・・それこそ夢のようなダイエット方法があれば知りたいと思いませんか?
実は、そんな方法があるんです。
その名はケトン体ダイエット
別名アトキンス式ダイエットとも呼ばれ、最近では知る人ぞ知るダイエットとして人気の方法です。

 

スイーツは我慢しよう

そのやり方は、2週間一切の炭水化物を摂取しない、というもの。
そう聞くと「炭水化物抜きダイエット?」と思うかもしれませんが、このダイエットでは3週目以降は炭水化物を摂取してよいのです。

 

具体的には、ダイエット開始から2週間、炭水化物の摂取量を限りなくゼロにすることで血糖値とインスリンをコントロールして、体脂肪が燃焼されやすい体質を作るという方法です。
人の身体は、炭水化物を摂取しないと栄養不足になるため、体内ではそれに代わるエネルギーとして体脂肪からケトン体をつくりだします。
そして、活動エネルギーとしてケトン体を燃焼するようになるためダイエット効果が生まれるのです。

 

通常、およそ2週間炭水化物を完全に抜くことで、ケトン体をエネルギーとする身体=ケトーシス状態に変わることができるので、開始2週間以降は、体調や体重の増減などを確認しつつ、少しずつ炭水化物を摂取してかまいません。
この点が、常に炭水化物を控えめにする「炭水化物抜きダイエット」とは異なるところです。

 

もちろん、せっかくダイエットして落とした体重を維持するためにはドカ食いはダメ!
あくまでも、ダイエットを継続している意識をもって食生活を送ることが大切です。

 

また、この方法ではダイエット開始当初から炭水化物以外の栄養素は何を摂取しても構いません。
葉野菜類でビタミンや食物繊維を摂取し、魚類はもちろん肉類など高タンパクの食材を積極的に食べてください。
もちろん食べすぎは禁物ですが、タンパク質を摂取することを意識すれば、空腹に苦しむようなことはないでしょう。

 

注意したいポイントは2つ。
1つは、食材によっては炭水化物ではないと感じていても実は炭水化物だということがあります。
なので、食品成分を調べてから摂取するようにしてください。

 

食べてはいけないものの例としては、ご飯、パン、麺類は言うまでもありませんが、果物類や芋・栗・豆類もNGです。
また、野菜なら何でも食べてよいわけではないので要注意!
にんじんや玉ねぎ、ごぼうやレンコンなどの根菜は、糖質を多く含むので、このダイエット方法では食べてはダメなんです。

 

もちろん言うまでもありませんが、糖質を制限するという意味で、お菓子や砂糖の入った甘い飲み物、ドレッシングやケチャップ、蜂蜜やシロップなども摂取してはいけません。
基本的な考えとして、なるべく加工食品を避けて、塩・コショーで味付けしたものを食べるとよいでしょう。

 

お水をたくさん飲もう

もう1つは、血中のケトン体濃度が上がると脱水症状を起こすことがあるということ。
事実、糖質制限を実施した人の多くが、「喉の渇き」を訴えていますので必然的に水分摂取量は増えると思います。

 

できれば、一度にガブ飲みせずに、少量ずつこまめに口を潤す飲み方で、水やお茶などの水分を1日に2〜3リットル以上飲むことを心がけて下さい。

 

ケトン体ダイエットは、炭水化物を摂れないことを除けば食事のストレスが少ないため、他のダイエット方法に比べて制限を継続することが難しくありません。
なるべく短い期間で痩せたいと考えているなら、ちょっとだけがんばってみてはいかがですか。
多くの人が、始めて一週間を過ぎるころから見た目の変化を実感できると思います。

 

最後に、この方法のデメリットとして、もちろんこれには個人差がありますが、血液中にケトン体が増えることで、ケトン体特有の甘酸っぱい体臭がすることがある、ということは覚えておいてください。
ただ個人的には、このダイエット方法の経験上、特に体臭の変化などは感じなかったことを付け加えておきます。

 

モデルや芸能人の間で愛好者急増中!

ミネラル酵素グリーンスムージー

↓↓詳細はこちら↓↓